■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質

もし本気で美しい身体を手に入れたいと考えているのでしたら、まずは美容についての知識を頭に入れておきましょう。
中途半端で間違った知識では自分の求める最後の美容を実現させることは出来ないのです。 バストアップサプリのプエラリアには女性ホルモンの作用物質である「ミロエステロール」「デオキシミロエステロール」などが豊富に含まれています。
更年期障害などの女性特有の病気の症状の緩和にも効果があると報告されており、現在注目されています。バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質は「プエラリア」「大豆イソフラボン」「ワイルドヤム」などが挙げられます。
大豆イソフラボンというのは厚生労働省から摂取目安が決められており、一日30mgと定められているのです。

 

バストアップサプリのワイルドヤムというのはジオスゲニンも豊富に含まれており、この成分によって若さや健康に役立つとされています。
南米では女性の健康食材として古くから人気があり、今では日本でも注目されてきました。



■要チェック♪バストアップサプリの中に含まれている女性ホルモンの作用物質ブログ:22-3-2020

シェイプアップの敵といえば
「脂肪」ですよね。

脂肪は、体温維持や
内蔵を守るクッションなどの大切な役割もしていますが
過剰だと肥満や病気の原因になります。

この脂肪は有酸素運動で燃焼するのですが、
体の部位によって、
脂肪が落ちやすい・落ちにくいなど異なります。

一般的に運動をすると
まず筋肉中の栄養がエネルギーとして使われてから、
内臓脂肪→皮下脂肪という順でエネルギー消費されます。

内臓脂肪はすぐに使えるよう
先に燃焼する脂肪であるのに対して、
皮下脂肪はあくまでも備蓄エネルギー用として
体に溜められているんですね。

女性の場合、
もともと下半身に脂肪細胞の数が多い上に、
女性ホルモンが皮下脂肪をため込む働きがあるそうです。

そして
太い血管が通っている箇所は
血管を守るために脂肪がつきやすくなります。

もちろん個人差もあるでしょうが、
女性がシェイプアップを続けた場合…

「あご・ほほ」→「こむら」
→「肩・上腕部」→「大腿部」→「胸」
→「お腹」→「腰」→「ヒップ」
といった順で、
脂肪が落ちていくんだそうです。

だから、ヒップやお腹周りが
なかなかスッキリしないんですね!

体に溜まった脂肪を落とすためには、
体脂肪の代謝反応に必要な
必須栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)が十分に必要となります。

体に溜まった脂肪を落とす時こそ、
食べる事を抜いたり、
一種類の食べ物に頼ったダイエットではなく、
大事なことは食べる事のバランスに気を配るということですね。

食べる事をしっかり食べて、体をしっかり動かして、
余計な脂肪をしっかり燃焼させましょう!